ケアネットライブ Oncology HER2低発現乳がん、薬剤と診療の最新知見ケアネットライブ Oncology HER2低発現乳がん、薬剤と診療の最新知見

ケアネットライブ Oncology HER2低発現乳がん、薬剤と診療の最新知見

上野 直人氏(テキサス大学 MDアンダーソンがんセンター)

2022年11月30日(水) 20時~

今年、乳がん診療における大きなトピックスとなった「HER2低発現」。これはHER2(ヒト上皮成長因子受容体2)陰性乳がんの新たな下位分類で、細胞膜上にHER2タンパクがある程度発現しているものの、HER2陽性に分類するほどの量ではない乳がんを指す。

米食品医薬品局(FDA)は8月、切除不能または転移のあるHER2低発現乳がん患者を対象に、抗体薬物複合体トラスツズマブデルクステカン(T-DXd)を承認した。

この承認の根拠となったDESTINY-Breast04試験について、試験グループのメンバーである上野 直人氏(テキサス大学 MDアンダーソンがんセンター)が、ASCO(米国臨床腫瘍学会)で発表された試験結果のポイント、その後にESMO(欧州臨床腫瘍学会)で上野氏自身が発表した患者アウトカムについて報告。安全性と患者視点でのQOLに関するデータやそのマネジメントについても、詳しく解説する。

さらに、HER2低発現乳がんへの有用性を検証中であるもう1つの抗体薬物複合体sacituzumab govitecan(SG)についても、最新の試験データから薬剤としての特性やT-DXdとの違いを解説。

今後、日本においても大きく変わるであろう乳がん診療の指針を示す内容です。ぜひご覧ください。

「ケアネットライブOncology」の過去のアーカイブはCareNeTVで配信中です。

注意事項
  • ・ケアネットライブのご視聴には、ログインID・パスワードが必要です。CareNet.comへの会員登録がお済みでない方は、新規会員登録(無料)をお願いします。ID・パスワードをお忘れの方はこちら
  • ・配信済みライブはCareNeTVプレミアム会員のみご視聴いただけます。ご視聴希望の方はCareNeTVプレミアムへご入会ください。「無料公開中」のものは、CareNeTVプレミアムにご入会いただかなくてもご視聴いただけます。
  • ・ケアネットライブに関するご質問やご不明な点などは、メールにてお問い合わせください。